リハビリテーションにまつわるお仕事について

リハビリテーションにまつわるお仕事について

リハビリテーションに関わる職業

リハビリテーションに関わる職業

ケガや病気をした後に後遺症が残る場合に、できるだけケガや病気をする前の状態に身体の機能などを回復することができるように訓練をするのがリハビリテーションです。リハビリと呼ばれることが多く、病院や診療所などの医療施設や通所、訪問リハビリテーションなどの施設などで、取り入れられています。

リハビリテーションには大きくわけて3つの目的があり、まず1つ目は主に身体の運動機能を回復させ、歩く、立つ、座るなど日常生活で必要な基礎的な運動ができる状態を目指すもの、2つ目は日常生活で必要な作業ができる状態を目指すもの、そして3つ目は運動機能ではなく、ケガや病気によって声帯の機能や聴覚の機能を失った場合に機能の回復を目指すものがあります。

そしてこられの訓練には国家資格を持った専門家が関わることで、よりリハビリテーションの内容を充実させ、安全に訓練を行っていくことができます。病院では医師や看護師、福祉施設などでは介護士などが活躍しているのですが、リハビリテーションの場で活躍している職業として挙げられるのが、理学療法士、作業療法士、そして言語聴覚療法士です。この3つはリハビリテーションに関わる職業の中でも最もポピュラーなものですが、この他にも視能訓練士や臨床心理士、音楽療法士、義肢装着具士などの資格を持つ専門家が存在します。これらのリハビリテーションに関わる職業は、病院や診療所、リハビリ施設だけではなく、様々な場所で需要が高まっており、当サイトではリハビリテーションにまつわる仕事について詳しく紹介します。


◆ 理学療法士関連~管理人おすすめサイト~ ◆
リハビリテーションの場で活躍したいとお考えの方は、国家資格を取得しましょう。特に理学療法士は幅広い場所で需要が高まっていますので、大きなやりがいのある仕事と言えるでしょう。専門学校に通い、国家資格取得を目指す方も多くいます ⇒ 理学療法士

このページの上に戻る