リハビリテーションにまつわるお仕事について

リハビリテーションにまつわるお仕事について

国家資格を保有している

国家資格を保有している

理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士などはもちろん、視能訓練士や臨床心理士、音楽療法士、義肢装具士などの資格は全て国家試験で認定されることで取得することができる国家資格です。医療や介護、そしてリハビリに関する知識など専門的な知識が必要になることからリハビリを行う人、一人一人に合わせてリハビリを実施することができます。

例えば、理学療法士の場合、厚生労働大臣の免許を受けて医師の指示の下、理学療法に基づいた運動による治療や訓練、マッサージなどで病気やケガによって損失を受けた機能を回復させることができるのですが、理学療法士の資格を取得するためには大学、三年生の短大、専門学校、特別支援学校などで三年以上の就業を経て国家試験を受験し、晴れて合格することができれば取得することができます。作業療法士の資格を既に取得しているという場合は、養成校に通い二年以上理学療法士について学ぶことで国家試験の受験資格を得ることができます。リハビリテーションに関わる職業に必要な国家資格のほとんどは専門的な知識などを学ぶことができる学校に一定期間通うことで国家試験の受験資格を得ることができ、理学療法士と作業療法士などダブルライセンスを目指すこともできます。

このページの上に戻る