リハビリテーションにまつわるお仕事について

リハビリテーションにまつわるお仕事について

リハビリと言えば

リハビリと言えば

リハビリテーションに関わる職業と言えば、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士の3つをイメージする人も多いのではないでしょうか。この3つの職業はリハビリを行う病院や診療所、福祉施設などでもとても需要の高い職業です。

理学療法士は基本的に、身体の運動機能の回復を目的としています。ストレッチや筋肉トレーニングを主に行いながら、マッサージや電気治療、温熱治療なども取り入れ、日常生活で必要な基礎的な運動機能を回復させていきます。作業療法士は基礎的な運動ができるようになった後に日常的な作業を通して身体のケアを行うことを目的にしています。工芸や運動、レクレーションなどを取り入れながら、ケガや病気をする前に行っていた作業を再びできるように改善していくことが目的であり、作業療法士の場合は身体の機能の回復だけではなく、うつ病などの精神疾患などで損なわれてしまった心の機能も対象にしています。そして言語聴覚療法士は、身体の機能の中でも声帯や聴覚を中心に機能の回復を目的にしたり、声帯や聴覚に障がいがあっても周囲の人とコミュニケーションを図ることができるようにサポートをすることを目的としています。声帯や聴覚などの後遺症の中には、飲み込むという機能が損なわれてしまい必要な栄養が摂取できなくなってしまうこともあり、喉の機能全体の回復をサポートするのも言語聴覚士の仕事です。

このページの上に戻る